知的財産コンソーシアム事務所

知財業務代行・知財業務支援・知財戦略・特許出願・商標出願は
知的財産コンソーシアム事務所へ

HOME > 弁理士インタビュー

弁理士インタビュー

特許は、何のために取得するのでしょう?

私たちが、これまでに8件の特許取得を担当させて頂いた、東京のIT企業があるのですが、実は、私たちが担当させて頂く前、30年にわたって特許が1件も取得できなかったという状況が続いていたんです。
30年も特許が取得できなかったということで、金額ベースでいうと、数億円もの機会損失を被ったといえます。
というのも、特許は、本来、利益を生むためのものであって、技術やアイデアを単に守るだけのものではなのです。
特許は、単に、取得して終わりというものではなく、競争優位に立つためのものですから戦略的に活用していくべきだと私たちは考えています。

特許を取得の際に気をつけている点などはありますか?

お客様からご相談いただいたときに、特許の可能性のあるアイデアを、私たちは3つの視点で捉えるところから始めています。
まず、1つ目は、そのアイデアが特許になるかどうかという視点です。
2つ目が特許になったあと、その特許が、模倣品に対して、きちんと権利行使できるかどうかという視点です。
そして、3つ目。これが一番大切なのですが、特許を取得した後に、特許を活用して利益を生むかどうかという視点なんです。

同じアイデアでも、
特許事務所によって特許取得ができたりできなかったりするのは
なぜなんでしょう?

特許の取得といっても、その方法や、攻め方は無数にあります。同じアイデアでも特許として認められなかったり、あるいは、特許を取得したあとに、模倣品に対して権利行使ができなかったり。利益につながらなかったといったことが実際におこっています。
先のIT企業様の例ですと、最初の「アイデアが特許になるかどうか」という最初の段階でつまづいてしまったんですね。
これについては、理由があります。
特許を専門とする弁理士でも、得意とする分野が異なります。先の東京のIT企業様はITの仕事をしているわけですからITに強くない弁理士では、どうしても限界があったんですね。
30年間苦戦していた特許の取得を実現できたのは、 私たちは20年間にわたり、ITを専門に1,500件にわたる特許を取り扱っているからなのです。ですので、その経験やノウハウを伝えることができるのです。

今後の目標などありましたら教えてください?

確かに特許やアイデアは目に見えず、捉えにくいところがあります。
しかし、だからこそ、私たち専門家が持っている知識や経験をお伝えすることで事業の発展に、お役立ち出来るのではないかと考えています。
実際に、多くの会社で自社の発明に対して、こんなものでも特許になるんだと、社員の方が仕事に一生懸命になるところを数多くみています。
そういう会社をひとつでも多く増やしていきたい、そして、ひいては、そこで仕事をする社員のみなさんが、幸せになってほしい、そんな思いで、私はこの仕事にとりくんでいます。

弁理士紹介ページへ>>


ページ
TOP