知的財産コンソーシアム事務所

知財業務代行・知財業務支援・知財戦略・特許出願・商標出願は
知的財産コンソーシアム事務所へ

HOME業務内容 > 各種知財業務

特許・実用新案

発明の発掘・権利化・訴訟までトータルでサポートいたします。

当事務所では企業の利益を保護し、広い権利が取れるように御社の特許出願を代理いたします。また発明を多面的にとらえ、発明者自身も気が付かない新たな発明の掘り起こしを行い、幅広い権利化のための提案をいたします。国内外の特許出願用の明細書作成、出願業務、拒絶理由通知に対する応答書類の作成(中間処理)、審判、訴訟等の諸手続きをトータルでサポートします。
お問い合わせ・ご相談はこちら>>

ライセンスに強い、質の高い明細書を作成します

権利範囲が広い特許権を取得するためには、特許請求の範囲に記載の発明の範囲を広くするだけでなく、 その発明を明細書の中で十分かつ詳細に説明し、権利範囲が縮小解釈されないようにすることが大切です。
また、強い特許権を取得するためには、第三者によって特許無効審判が請求されたときに十分に耐えることができ、権利行使をすることができる明細書であることが要求されます。
当事務所では、丁寧に発明者の方とヒアリングをおこない、1つの発明を多角的に検討することで、発明の本質をとらえ、ライセンスに強い(使える)質の高い明細書を作成します。

発明の発掘からお手伝いします

社内には企業として大切な発明があるにも関わらず、そのことに気がついていなかったり、有効に活用できていないということがよくあります。当事務所では、丁寧なヒアリングにより、御社に埋もれている有益な発明を発掘し、ブラッシュアップすることで、権利化への道筋をつくります。

戦略的調査で、御社の発明を守ります

◎出願前先行技術調査

新規性・進歩性がある特許出願をするには、出願前に先行技術を調査することが不可欠です。出願前に先行技術調査をすることにより、権利化することができない発明を特許出願することを防止できるため、権利化までに必要になる経費を節減できます。また、先行技術の存在を考慮した明細書を書くことにより、特許を取得できる確率が高い明細書を作成することができます。

◎実施前調査

新製品の開発時や販売時において、侵害の可能性のある特許調査が必要になります。しかし、膨大な特許文献から必要な情報を抽出することは容易ではありません。当事務所では、新製品に実装される技術を的確に把握した上で、抵触可能性のある特許の存在を漏れなく検出いたします。

◎実施前調査

他社から特許権侵害の警告を受けた場合であっても、他社の特許を無効にできる場合があります。実はその特許権に無効理由が含まれている可能性があります。当事務所では、このような他社からの警告に対して、お客様のビジネスをしっかりと守る観点から、特許の無効性の調査を行っております。

商標

御社のブランドを守る、強い商標出願。ブランド戦略からサポートいたします。

国内外における商標登録の可能性についての調査、商標登録出願用の願書の作成、拒絶理由通知に対する応答書類の作成(中間処理)、審判、訴訟等の諸手続をトータルでサポートします。また、お客様と一体となり価値あるブランドの育成をサポートし、大切な商標をお守りします。
お問い合わせ・ご相談はこちら>>

御社が提供するすべての商品・サービスを適切に保護します

御社が提供するすべての商品・サービスを適切に保護するには、
(1)法律的な「知識」
(2)その作業にかける「時間」
(3)強い商標権の成立を実現してきた「実務経験」

が必要です。当事務所は、単なるメール・FAXのやりとりだけではなく、貴社に対し十分なインタビューをさせていただき、貴社が提供するすべての商品・サービスが適切に保護し、自社出願では実現できない強い商標権の成立に力を入れています。

法律上強い商標のかたちをご提案します

強い商標とは?

【強い商標1】多くの人が使いたいと思う商標

もう少し突き詰めると、消費者が覚えやすい商標のことです。
消費者が覚えやすい商標であれば、商標を一度見ただけで覚えてもらえ、次回からはそのイメージを頼りに貴社の商品・サービスを購入してもらえるからです。

【強い商標2】類似範囲が明確な商標

類似範囲が明確であれば、第三者の疑わしい行為に対して権利行使をすることが容易だからです。 当事務所は、貴社から依頼を受けた商標をただ単に出願するという代書業務は行っていません。商標を吟味し、少しでも強い商標に仕立てられる工夫があれば、積極的に提案します。

高精度の商標調査で、商標登録の確度を高めます

商標を出願する場合、他人の登録商標と同一又は類似の範囲では商標登録を受けることができないため、あらかじめ調査をしておかなければ、せっかく出願しても特許庁から拒絶査定を受けてしまいます。
しかも、現在登録されている他人の登録商標のなかで一つでも該当のものがあれば商標登録を受けられないので、関連すると思われるすべての登録商標を調査する必要があります。同一の登録商標を探すのは比較的簡単ですが、類似の登録商標を探すのは専門的な作業になります。
当事務所は、商標調査に関する専門的な「知識」「経験」で 御社の商標を登録に導くために精度の高い商標調査を実施いたします。

御社のブランディングをサポートします

現代の市場において、商標は、単なる商品やサービスの名称であることを超えて、商品・サービスの顔であり、イメージを決定付ける重要な役割を持っています。この複雑な流通市場において商品やサービスを大きく育てていくためには、事業の運営指針から立ち返った、一貫したブランド戦略が欠かせません。
商標権の取得を「他社の不法行為からの自衛」として捉える見方も当然重要ですが、ぜひ商標というものにもう一歩踏み込んでいただき、商標権をブランド戦略の柱として積極的に活用することにより、市場を開拓する有効なツールとして捉えてください。 当事務所は、ご依頼により、商標取得後において、商標権を柱とした貴社のブランディングをサポートします。

会社名の商標出願お薦めします。

どんなに大きな企業、歴史のある企業であったとしても、商標登録していないと、先に、商標を登録した企業に、その名前の権利があります。
このため会社を設立した場合には、将来のことも考えて、社名の商標を登録しておくことをお薦めいたします。
また、会社の名前を決めるときは、その社名を商標として使用した場合、先願の他社の商標権の侵害となることがないように、商標の事前調査を十分に行ったうえで決めることがとても大切です。
会社名商標出願の詳細はこちら>>


音商標(サウンドロゴ)の商標登録もおまかせください

現代の市場において、商標は、単なる商品やサービスの名称であることを超えて、商品・サービスの顔であり、イメージを決定付ける重要な役割を持っています。この複雑な流通市場において商品やサービスを大きく育てていくためには、事業の運営指針から立ち返った、一貫したブランド戦略が欠かせません。
商標権の取得を「他社の不法行為からの自衛」として捉える見方も当然重要ですが、ぜひ商標というものにもう一歩踏み込んでいただき、商標権をブランド戦略の柱として積極的に活用することにより、市場を開拓する有効なツールとして捉えてください。
当事務所は、ご依頼により、商標取得後において、商標権を柱とした貴社のブランディングをサポートします。
音商標の詳細はこちら>>

意匠

特許権と組み合わせた権利取得で御社のデザインを守ります。

意匠登録とは、工業製品のデザインの登録です。物の形だけでなく、画面表示のデザインも登録できる場合があります。商品のデザイン戦略もまた企業活動と密接不可分の関係にあり、特許としては権利化が難しそうでも、技術的な意味があるため他人に真似されたくないという場合は、意匠としての権利化を考えてみる価値があります。意匠制度を、特許権取得の補完手段として、また、特許権を上回る有効な権利取得の手段として御社商品のデザインを守ります。
お問い合わせ・ご相談はこちら>>

外国出願

諸外国での知的財産保護をトータルでサポートします。

日本で取得した特許権や商標権、意匠権の効力は、日本国内でのみ有効であり、外国での効力はありません。そのため、外国において特許権や商標権、意匠権を取得したい場合には、その国に出願し、それらの権利を取得する必要があります。急速な勢いで国際化が進む現代では、海外における知的財産権を取得する必要性はますます増大しています。
当事務所では、外国への特許、商標、意匠出願業務、外国における拒絶理由通知に対する応答書類の作成(中間処理)、外国における審判及び訴訟等の諸手続をトータルでサポートいたします。
お問い合わせ・ご相談はこちら>>

知的財産コンサルティング

中小・ベンチャー企業様の「知的財産部門」としてご活用ください。

中小・ベンチャー企業が、国内及び海外の市場において自社製品の優位性を確保・維持しながら、価格競争に陥ることなく利益を上げていくために、自社製品の知的財産権による差別化はとても重要です。
当事務所では、中小・ベンチャー企業の方々が、知的財産権を自社の競争力の源泉として位置づけ、事業活動とリンクした知財活動を推進していくことを支援致します。ぜひ、当事務所を「御社の知的財産部門」としてご活用ください。
支援内容につきましては、企業の方々のご要望に応じて各種支援内容を用意させて頂いております。
お問い合わせ・ご相談はこちら>>


ページ
TOP